ハットリング工法(施工現場)

●宮崎市内施工現場視察の様子





 【 ハットリング工法とは・・・? 】
マンホール浮上抑制工法のことです。地震などの災害発生時に、地中のマンホールが
道路上へ浮上することを抑制する効果が確認された工法です。
!!このような被害が報告されています!!
●車輌通行が阻害され、人命救助・救急活動・復旧活動に
 大きな影響が発生
下水道被害により機能が停止し、衛生面に大きな影響が発生
 【 ハットリング工法の特長 】
1. 単純 ~simple!~
浮上抑制ブロックおよび砕石重量により、浮き上がろうとするマンホールを押さえます。
マンホールに固定したバンドに浮上抑制ブロックが作用して、マンホール本体は浮き上
がりません。
2. 簡単 ~easy!~
特殊な技術・道具は不要です。専門業者でなく誰でも施工が行えます。
3. 早い ~speedy!~
試験掘り程度の作業なので、早期に道路解放ができます。
4. 安い ~low priced!~
単純・簡単だから、最も経済的です。
5. 確実 ~secure!~
単純・簡単だから、施工トラブルは発生しません。もし、地震が発生しても、マンホール
浮上抑制は確実に行われます。よって、車両通行が阻害され復旧活動や救急活動にも支障
を与えることはありません。